人気ブログランキング |

えびの抜け殻

kimopy.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

餌と個体の密度の関係

JAMSTECのIT担当、Tけうち女史が「うちの子が一番おっきい!!」と主張しています。
ぐぬぬ、負けた......orz
僕は明日から航海に出てしまいますし、そろそろ暫定「ネ申」認定してあげときますか?!
確かにT女史の水槽は、途中からぐんぐん調子を上げてきて、つがいを最も早く作りましたし、個体がたくさんいる割には大きな個体が何個体かいるように見えます。

でも全体を見渡してみると、大きい個体が多いのは海水の容量に対して、個体の密度が少ない水槽のようです。
個体がたくさんいる水槽は、全体的にみると、小振りな感じ、少ない水槽は大振りな個体がいるようです。

きっと餌の問題が関係しているような気がします。
密度が高いと餌の取り合いになりますが、密度が低いと充分な餌にありつける。ぱっと見ですが、そんな関係が成り立ちそうです。
また、個体の密度の高い水槽には、藻類の発生がほとんど見られませんが、密度の低い水槽では濃い緑の藻類が発生して水底に沈殿しています(下写真)。前者は、おそらく発生したそばから食べられてしまうため、十分に生育していない可能性がありますが、後者は捕食者が少ないため、藻類が充分に発生しているのではないか...と推測しています。

皆さんのえびげっちゅの様子はいかがですか??
c0010727_20493074.jpg
写真右上にある黒い点々が発生した藍藻類です。濃い緑色をしています。



by kimoto1 | 2014-06-17 20:55 | えびげっちゅ

青森で調査

青森県の津軽地方に広がる地層の調査をしにいっていました。
日本海に暖流が入ってきた時代を明らかにするのが目的です。
地質調査なんてもう20年ぶりくらいでいろんなことを忘れていました(汗)
c0010727_23150944.jpg
日本海側に露出する見事な地層!約300万年前にたまった泥や砂です。


c0010727_23174222.jpg
350万年前に現在の碇ヶ関付近から噴出した火山灰です

c0010727_05485100.jpg
とったサンプルは頑丈なサンプル袋にいれてナンバリングします

c0010727_05511281.jpg
iPhoneがロケーションを示してくれます。便利ですね。
と思ったら、いくつか採取点がズレてる!過信は禁物です。

c0010727_05525065.jpg
わさお発見!!

c0010727_05533129.jpg
5分粘ってやっと動いてくれたけどこの程度(笑)
このマイペースさが人気の理由でしょうか。

c0010727_05574834.jpg
沢に露出している岩石を掘ります。このサンプルは非常に保存がよく、二枚貝や有孔虫の化石を含みました。
自然の中で当時の堆積環境を考察するのが地質学の醍醐味です!



by kimoto1 | 2014-06-13 12:14 | そのた

えびげっちゅのお食事動画をアップしました

こんにちは!
みなさんのえびげっちゅはお元気ですか??

最近不思議なことが起こりました。JAMSTECで飼育している8つのえびげっちゅ水槽(250cc円柱水槽)のうち、いちばん最初に脱落した(とおもわれた)K沢くん水槽の中に、何匹か小さなえびげっちゅが新たに発生していました!証言者によると、先週土曜日にはいなかった、ということ。みつけたのは今週火曜日です。
管理者が就職でいなくなったら姿を現すなんて、なんていけずなえびげっちゅでしょう!!
それにしても、何が起こったのか...?卵が遅れてふ化したのか、あるいは卵を産んで親が死滅していたのか、はたまた誰かがこっそり移植したのか....謎です。

そんなわけで、現在8つの水槽すべてでえびげっちゅが順調に生育中です。その中でも2つくらいはすでに第二世代目が生まれていますよ!

さて。Youtubeにえびげっちゅの捕食シーンを上げてみました。
えびげっちゅの捕食
c0010727_05274870.jpg
飼育をしていると、水底にたまった何かを「もふもふ」していることがあるとおもいますが、あれは捕食と考えられます。最初は何かにひっかかっているだけなのかも?とも思っていましたが、常に定期的にいろんな個体が行なっていること、彼らの糞を顕微鏡観察してみると、その中に水底に発生した藍藻類と同じものが入っていることを確認できたことから、捕食行動と判断しています。

ビデオではあまりはっきりしませんが、脚を一生懸命忙しそうに動かして水流を起こしながら捕食しているようです。脚の動かし方は背泳ぎしてるときとあまり変わりません。どうやら、後脚で水流を起こすことで前方に引き寄せられるものを捕食しているようです。これはプランクトンのカイアシ類の捕食の仕方によく似ています。カイアシ類も脚を素早く動かして口の前方に乱流を起こし、引き寄せられる藻類を捕食しています。
c0010727_05445189.jpg
北西太平洋のカイアシ類。プランクトンネット観測ではこのようにたくさんのカイアシ類がとれます。海にいきている魚などの主要な餌となる大変重要な生物です。

おとなになったえびげっちゅの身体の真ん中には、線のようなものが1本入っているのがみえると思いますが、あれは消化腺で、食べたものの種類によってあの色が変わります。藻類を食べているときは黒っぽい色になります。
餌を変えてみて、どんな感じの色になるのか、試してみるのも面白いかもしれません。きなこだと黄色くなる?きなこ作戦を実施中の方、いかがでしょうか?




by kimoto1 | 2014-06-07 05:19 | えびげっちゅ
line

アルテミア(ブラインシュリンプ, シーモンキー)飼育について考察するブログ。みんなで楽しく育てよう!


by kimoto1
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30