人気ブログランキング |

えびの抜け殻

kimopy.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カニの置物

こんにちは。
今日は相模湾で観艦式でしたね。オタクマニアの血がうずうずしていたのですが、東京湾は小雨と霧というあいにくのお天気で、浦賀水道航路に進入してくる艦船がまったく見れず残念でした。晴れていたら壮観だったでしょうね!なんぜ20隻くらいいましたから。この日のために受信機も新調したというのに。。。ぶつぶつ。

今日はえびげっちゅと関係ないのですが、写真は先月モンテレー水族館で購入したカニの置物です。
c0010727_20481711.jpg

グフ対カニ。 「ザクとは違うのだよ、ザクとは!!」

ずっと前にも書いたかもしれませんが、僕は脱皮する生き物が好きで(クモ除く)、そのなかでもエビカニ系は超好きです。エビの脱皮の瞬間なんて、見たら誰でもきっと感動しますよ!

さてこの置物ですが、金属製でしっかりできていて、手作りのようですが、よくできてます。遠目には本物のカニっぽく見えます。
水族館のグッズ売り場で偶然見つけて、脊髄反射で買ってしまいました。笑
自宅の机の横に置いて、悦に入っています。


この置物、カニに見せたらどうなるんだろう?と思って、やってみました。
c0010727_20313338.jpg


久々登場!ウチのカニ君(種類依然として不明)です。奥が本物ですよ、念のため。
警戒しているのか、しばらくじっとしていましたが、少しずつ近づいてきましたよっ!!
同類意識?

c0010727_2035851.jpg


おおっ!!威嚇?!

しかし、この後は平然とその場を立ち去ってしまったのでした。。。
結局興味を示したのか、そうでないのかは謎です。。。
by kimoto1 | 2012-10-14 20:40 | そのた

水面に張る膜のようなものについて

こんにちは!
今日の横須賀は曇りで少々肌寒いですね。少しずつ、着実に冬に向かっているのを日々感じます。

さて、下のコメント欄に質問が寄せられましたので、皆さんも直面することがあると思い、こちらに書いてみました。それは、えびげっちゅ飼育中によく起こる、水面に薄く張る膜のような物質についてです。

ちゃんと確かめた訳ではないのですが、餌をあげているのでなければ、水中に発生するバクテリアかえびげっちゅから分泌される脂質か何かではないかと思っています。僕の家の水槽にもときどき出ますが、今回はまだ出ていないようです。

このような物質は、通常のアクアリウムでも多かれ少なかれ発生しますが、水面が揺れていたらほとんど発生しません。しかし僕らが行っている飼育法だと、止水ですからどうしても出てしまいますよね。たぶん、空気を遮断する原因になってしまうと思います。

出てしまったら、除去した方が良いかもしれません。確かに見苦しいですし、後々までのこって水槽の下に沈殿することがあります。割り箸で絡めとるとか、それこそスポイトですくうのも良いかもしれません。でもその場合は飼育水を吸いすぎないようにしないといけませんね。

最近は、えびげっちゅ飼育も、少しは見た目も気にした方が良いかなあと思い始めています。お渡ししている飼育法には、沈殿があっても大丈夫、と書いていますが、やはりペットは見た目もきれいな方が良いですものね。どこまで手を加えても大丈夫か、少しずつ検討をしていきたいと思います。

えびげっちゅは、大きくなってからはかなり丈夫ですが、小さい間は環境変化の影響を受けやすいようです。くれぐれも急激な環境変化にはお気をつけ下さいね。
by kimoto1 | 2012-10-12 20:21 | えびげっちゅ

寒さ対策お願いします

こんにちは!
最近、急に寒くなってきました。
自宅の窓際に置いていたえびげっちゅの数が減ってきたように思います。数えてみたらあと5匹。え〜〜!
窓際も朝方は室内に比べて冷えるようですので、皆さんもお気をつけ下さいね。

さて、横浜研究所のオープンハウスで余ったえびげっちゅたちはというと。。。
c0010727_9418.jpg

こちら(横須賀)で飼育されています。
すべてのえびげっちゅを回収し、2つの水槽で飼育されていますのでご安心ください。
皆さんと同じ水槽(250cc)でも飼育中ですよ〜

遠目にはまだ何がいるのか、ほとんど分からない状況ですが(汗)
気長に見守ることにしましょう!
c0010727_943873.jpg

四角い水槽に入れると、必ずコーナーに集まりますね。。。
アルテミアの幼生には走光性(光に集まる性質)があります。ってことは、ここが一番明るいのか?

c0010727_99154.jpg

隣では5月にふ化したえびげっちゅの3世代目を飼育中です(右側)。この子たちは先日の横浜研でのオープンハウスの「大きくなったらこうなります!」コーナーで見本になっていただいた皆さん。左側が今回設置したあたらしいえびげっちゅたちです。

名付けて「横須賀越冬部隊」。笑 
昨年は11月から翌年の5月まで生き残った個体がいました。ただし、卵はふ化しても育つものがいなかったようです。やはり水温が大きく関係しているように思いますね。
by kimoto1 | 2012-10-11 09:12 | えびげっちゅ

えびげっちゅの作文届きました!

皆さん、連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?
お天気もよく、行楽日和でしたね。どこかの川や沼でタモ網持ってガサガサ、という方もいらっしゃったかもしれませんね。残念ながら僕は今年は一度も行けていません。エビ採り行きたかったなあ。

さて出張から戻ってきましたら、デスクの上にえびげっちゅの作文が届いていました!

c0010727_1750078.jpg

なんとまあ、可愛らしい封筒。。。(*´д`*)
手書きの海の生き物たちの絵です。この作文を送ってくれた少年の、生き物に対する愛情がひしひしと伝わってきます。

作文の送り主は千葉県在住のれお君。小学校の2年生です。
この作文はなんと、千葉県の印旛地区で発行されている「ひざし」という文集の佳作に選ばれたそうです!
すごいっ! おめでとう、れお君!!

内容はJAMSTECの一般公開でスポイトを使ってえびげっちゅをすくう様子や、育て方マニュアルを読んで、しっかりその通りに育ててくれている様子が細かに書かれています。また、気温が下がってえびげっちゅの数が減って悲しくなっちゃった様子や、つがいができて、その子供たちが生まれた様子が生き生きと描かれており、読んでいるこちらも楽しくなってきます。しっかり観察しているなあ、と感心しました。

作文は230字詰め原稿用紙に7枚も、最後の行までぎっしりと書いてあります。「えびげっちゅがぼくたちのことを作文に書いて!!」と言っているように感じたそうです。すごい!!えびげっちゅと会話できるんだね〜!!

これを聞いて、本当にえびげっちゅを楽しんで、また愛してくれているのだと、とても嬉しく思いました。
えびげっちゅの係(担当者)のみんなにも回覧させていただこうと思います。

れお君、とってもうれしいお知らせをありがとう!!来年のえびげっちゅもぜひチャレンジしてくださいね!!
お待ちしています!!

皆さんも、うれしいお知らせがあったらぜひお知らせくださいね!
by kimoto1 | 2012-10-08 23:00 | えびげっちゅ

お元気ですか?

こんにちは!
横浜研究所の施設一般公開から一週間が経ちました。皆さんのえびげっちゅはお元気ですか???
今週は出張がちで、本日ようやく戻ってきまして、やっとえびげっちゅのお世話(観察?)ができました。
うちにつれてきたえびげっちゅは、大きいものは3ミリくらいで、もう背泳ぎで元気に泳ぎ回っています。
小さいものはまだ1ミリ程度です。(うっかり写真を撮るのを忘れていました。明日掲載します)

皆さんのところはいかがでしょうか? 教えていただけると嬉しいです。


さて、先日嬉しいお知らせを、こちらのブログで頂きました。
それは、今年の横須賀での施設一般公開にご来場いただいた千葉県のお客様からなのですが、
えびげっちゅに参加してくださった小学校2年生の息子さんが、えびげっちゅを題材にした作文を書いてくれたそうで、それがなんと入賞したということなのです!!その題名もまさに「えびげっちゅ!」!!

えびげっちゅ主催者側としましても、こんなに嬉しいお話はありません!
連絡を頂いたお母さんによると、その入賞作品をお送りいただいたとのこと。
明日、早速職場にいって確認してみたいと思います。とっても楽しみです!!
こちらのブログでも紹介させていただこうと思います。
by kimoto1 | 2012-10-06 22:44 | えびげっちゅ
line

アルテミア(ブラインシュリンプ, シーモンキー)飼育について考察するブログ。みんなで楽しく育てよう!


by kimoto1
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31