人気ブログランキング |

えびの抜け殻

kimopy.exblog.jp ブログトップ

アルテミア飼育ガチャ、その後1

こんにちは!
先週土曜日に開始したアルテミア飼育ですが、今日でちょうど一週間となりました。
本当は毎日観察したかったのですが、なかなか時間が取れずにおりました。
断片的になってしまいますが、ここらで一気にご報告したいと思います。

水槽は、写真のように自宅の東側、朝日が入る側の窓のところに置いています。カーテンで直射は避けられますが、十分明るい場所です。
c0010727_15060548.jpg


土曜日の午前に水槽に放ったたまごですが、その翌日の日曜日にはもうたくさんふ化しておりました! 早い、早いよスレッガーさん!!
やっぱり水温が高いせい?うじゃうじゃ〜。
c0010727_15174830.jpg
し、しかし、やはり水槽設置時に誤ってどっさりたまごが入ってしまったせいで、ちょっと生まれすぎのような気がします。。。
間引いたほうがいいか、それともそのままにするか悩ましいところ。
しかし、何事もやってみなくちゃわからない。だから、大科学実験!(っていうNHKの番組好きです)てなわけで、このブログの主張に従い、放置プレイを敢行します。このあとどうなるか?!





8月3日(水曜日)の様子です。

c0010727_15270192.jpg
む〜ん、やっぱり想像した通り、というか、何度も経験した通り、といいますか。
塩水が濁ってきてしまいました。水槽の下に沈殿しているのは、残念ながらお亡くなりになってしまったお子たちです。
しかし、それでもまだ水槽にはおそらく数百匹はいます。この子たちの運命やいかに?!


その翌日、8月4日(木曜日)の様子です。

c0010727_15380486.jpg

あちゃー、順調に数減らしてます(滝汗) 
水槽の底には死屍累々...
やっぱり個体数に比べて水量(300cc)は足らなかったか〜。もっと水量があったらなぁ。

はっ!!
そういえば、この塩水の塩分を測定していませんでしたね。最初にやろうと思ったのですが、うっかりしていました。そこで、屈折式塩分計を用いて測ってみることに。屈折式塩分計は1滴もあればたちどころに測定できますので、ひとつ持ってると便利ですよ〜。

測ってみると、きっちり20‰(2パーセント)。ふむふむ。こちらのブログでご紹介しているえびげっちゅ飼育の方法で紹介している濃度と全く同じでしたね。この濃度で塩と水を混合すれば、このキットと同じ塩水を作ることができます。
たとえば、水1リットルに対して、塩は約20グラムとなります。
この場合、塩は天然粗塩とか、なるべく精製処理されていない塩のほうがうまくいくようです。市販の人工海水を使っても良いでしょう。


まだまだ続きます〜


追記:育て方説明書をよくみたら、なんと一番最後に以下の記述が!!
「塩水の適切な濃度は水道水約300mlに対して塩6グラムです」か、書いてあった、、、ちゃんとよく読め→自分(汗)
それにしてもほんとによくできた説明書です。


by kimoto1 | 2016-08-06 15:58 | えびげっちゅ
line

アルテミア(ブラインシュリンプ, シーモンキー)飼育について考察するブログ。みんなで楽しく育てよう!


by kimoto1
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30