えびの抜け殻

kimopy.exblog.jp ブログトップ

ハクキンカイロ大好きです!

皆様こんにちは。
最近急に寒くなりましたね。寒くなると水槽作業もちょっとおろそかになりがちです。
現時点で、家の水槽は4つあるのですが、水換えもうっかり2週間に1回くらいになってしまっています。これではいけませんね。

今日は今期はじめてハクキンカイロにオイルを入れました。ご存知ですか?ハクキンカイロ。
若い皆さんはご存じないかもしれません。燃料(ベンジン)を白金を触媒にして低温で燃やすカイロのことです。僕が子供の頃(30年以上前)に、おばあちゃんの家でほこりをかぶっているのを見たのが最初なので、少なくとも数十年前からあるとおもいます。非常に暖かいカイロ(懐炉)です。
c0010727_24308.jpg

手前の銀色がそれです。
ネットで検索するとすぐ出てきますよ。熱量が非常に高いので扱いには注意が必要ですが、真冬に外で作業をしたりする際には重宝します。南極越冬隊も使用していると聞いたことがあります。燃料を満タンにすると24時間以上暖かさが持続します。何年かに一度、中の綿を交換したり、白金触媒を交換する必要がありますが、たいへんびっくりするほど暖かく、また手軽で便利ですので、外作業をされる方にはオススメです。僕は冬場に青森に出張するときに必ず持っていきます。雪の中、野辺地駅などで接続待ちをしているときにはたいへん重宝します(鉄道ファンには分かってもらえる?!)

マニアの領域になってくると、どの触媒の形態がよいとか、どこの燃料が最も暖かいとか、持続力がいいとか、においが少ないとか、そういうのを追求するようになります。ハクキン純正ベンジンは火力がよいみたいですが、僕のおすすめオイルは合成イソパラフィン系炭化水素(第4類第1石油類)です。Zippoオイルとしてコンビニなどで売られています。

しかし!最近旅客機にはこのハクキンカイロが持ち込めなくなりました。ハクキンカイロの中に充填するのが可燃性の液体だからです。飛行機に乗る際には、手持ちではもちろん無理ですし、荷物にも確か預けることができません。最悪、その場で捨てるしかありません。飛行機に乗られる際にはくれぐれもご注意くださいね。
by kimoto1 | 2012-12-01 02:09 | そのた
line

アルテミア(ブラインシュリンプ, シーモンキー)飼育について考察するブログ。みんなで楽しく育てよう!


by kimoto1
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31